読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NTとM垣

定期的にバッテリーの3年生組とファーストガンダム3人を絡めて話してるんだが、さすがにくどいので日記にしてまとめることにした。

ガンダムネタバレあり。
バッテリーについて、一番最初の出会いは門脇と瑞垣。おしめの頃からの付き合いだから。
この時点では二人はお互いを隔てる壁もなく、うまくいっていた。
けれど、中学に上がる前に、瑞垣は自分と門脇の差を突きつけられてしまった。
当然焦る。
そしてその原因は才能の有無だと断定。所詮自分は小手先が器用なだけで、門脇に並ぶなんて到底考えられない、と。
これをガンダムで置き換えると、シャアとララァの出会いがあげられる。
シャアが最初にララァの原石を見出した。
この人も自分と同じ戦場で戦える人間なんじゃないかって。存分に力を発揮するララァを見て、期待通りだったと思うと同時に、シャアはララァのようにはなれないと悟る。

これ他にも例を挙げると中原中也長谷川泰子の話もしたくなるけど省略。

そして、いよいよ海音寺の登場。
自分の置かれた状況(薄々気づいていた展西と原田たちの不和が予想もしない最悪の展開を迎えて野球を取り上げられる)に地団駄踏んでいた彼は門脇と交渉することを思いつく。
この場合原田はMSってことなのか笑
野球の神に愛されたパイロット海音寺が木馬(新田東)から敵地(横手)に乗り込むと。
海音寺と門脇はすぐに意気投合して、門脇はMS(原田)に会うことを約束する。
その後、なんと門脇の相棒、瑞垣も来る!!

ここでやっと海音寺と瑞垣が互いを認識する!!
この順番!!
海音寺は瑞垣の要領のよさにびっくりするんだけど、彼自身秘めていた力があって、瑞垣に会うたびに頭角をあらわしていく。
最初いい子だけの坊ちゃんかって舐めていた瑞垣はたまらない。この人すごくやり辛い相手じゃんって思い知らされる。
ここで二人は永遠のライバルとなるの…
同志だったのは、一緒に試合の計画を立てていた一瞬だけ。
瑞垣にとっての味方は門脇であることは変わらない〜二人は血縁関係のない兄弟だから。
海音寺と門脇は息の合う友人…

月吠えでいうなら、「室生犀星」と萩原朔太郎北原白秋かな…!

つまりわたしは秀才タイプに魅入られるってことなんだ、天才に追いつけなくて足掻いている人。
↑4月16日
これうそや〜アムロも火神くんも桜木くんも天才型やん〜瑞垣は秀才止まりなんや〜違うやん〜
まぁどっちも好きということで!!オーライ!!
またこの3関係について語りたくなったら日記に書こう〜

ああ人間の発達の規定要因は
素質(遺伝、生得的なもの)と、環境(経験、学習)なので、
両者の相互作用がポイントだから!!才能の有無だけで諦めるな瑞垣!

アセムアスノも同じタイプの人間…本当、一人で武者修行する秀才タイプはわたしを骨抜きにする…

2016/2/5 追記

Zでシャアはアムロに共に宇宙へって誘うんだけど、NTアムロに失われたララァを見いだしてるって考えると辛い!アムロだって十分に辛いのに、シャアはアムロを通してしかララァを感じられない!!
この二人の秘密の共有。他の誰も代わりはいないの。
これは瑞垣が海音寺に見いだす野球と同じ。ずっとずっと手にしたくてついに目を背けた彼は門脇を海音寺を通してしか感じようとしないの、本当辛い…

2016/2/7
追記

自分の幸せは自分の内部から作り出してほしいの。他人に依存しないで~~~~!